StartupGuid 創業・起業スタートガイド

失敗しない起業の方法・手続き完全ガイド

初めての起業で失敗しないために 

起業には専門的な資格は必要ありません。そのため誰でも起業できますが、失敗に終わる方が多いのも事実です。下のグラフのように、開業時にさまざまなことで困っていた方も多いようです。事業をスムーズに進めるためにも、必要なことをしっかり理解し、やるべきことを確実に進めていきましょう。 

起業の方法・手続き完全ガイド

  • STEP1

    ビジネスプランを作成する 

    自分がやりたいと考えているビジネスイメージについて、「誰に」「何を」「どうやって」売るのか突き詰めて考えていきましょう。具体的なターゲット層や、他社にはない「売り」は何か、どのような方法で売り出していくのかを検討します。プランが固まったら、実際に行動して検証してみましょう。ターゲット層へのヒアリング、ライバル会社の分析から分かる強みや弱みなど、ビジネスモデルをより細かく明確にしていくことが大切です。 

  • STEP2

    事業計画・資金計画 

    ビジネスプランの方向性が固まったら、事業計画書を作成してみましょう。文字に起こすことで客観的に見ることができ、問題点や考えるべきポイントが浮かび上がってくるはずです。何度も検討して精度を上げ、説得力のある事業計画を完成させましょう。作成した事業計画書をもとに、起業にあたってどのぐらいお金が必要になるのか、どうやってそのお金を用意するのか資金計画を立てていきます。自分で用意できる金額を確認し、足りない部分については、創業融資の利用や助成金・補助金なども検討してみましょう。 

  • STEP3

    人・物・お金の準備 

    起業に向けより具体的な話を進めていきます。個人事業にするのか、会社を設立するのか、その場合どのような形態にするのかなどについて決めていきます。場所が必要であれば、借りる物件を探す必要もあるでしょう。名刺やロゴなど最低限準備すべきものや、雇用者をどのように採用するのか検討する必要もあります。そのためにも入念に資金計画を立ててお金の準備を進めていきます。 

  • STEP4

    手続き 

    準備が整ったら、諸々の手続きをしていきましょう。会社設立か個人事業かによって、必要な書類や提出先も変わってきますので確認が必要です。税務署など役所への届出が必要な書類も多くありますので、忘れずに提出しましょう。その後は、銀行口座の開設や求人募集、集客、融資の申し込みなど、必要に合わせて手続きを進めてください。 

創業・起業時に必要な 6つのツールを まとめて制作!

創業・起業ツール制作パック ¥450,000(税別)