StartupGuid 創業・起業スタートガイド

スタートアップでまずは準備すべき必要なもの

まずはPR活動のための準備を 

起業したら、まずは会社について知ってもらうことが必要です。そのためのPR活動はとても重要になります。そこで活躍するのが、多様なデザイン制作物。ブランドイメージを正しく伝えるためにも、デザインには高いクオリティが求められます。まずは何が必要となるのか、今一度確認してみましょう。 

  • 1

    ロゴ 

    一見ロゴがなくてもPR活動には支障がなさそうです。しかし、ロゴマークがあることで、会社を覚えてもらうことにつながるのです。言葉だけよりも、色や形があったほうが認知度は上がるといわれています。他に作成する制作物にもロゴマークが入っていれば、しっかりとした会社であることをアピールできるでしょう。さらに、社内のモチベーションアップにもつながります。 

  • 2

    名刺 

    名刺はどんなビジネスにおいても必要不可欠でしょう。起業したばかりだからといって、名刺がないという状況では相手に不安を与えてしまい、せっかくのビジネスチャンスを無駄にしてしまうかもしれません。営業を開始するまでには必ず名刺を作成しておきましょう。ただし、品質が悪いと信頼を失いかねません。デザインや紙質で印象度も変わりますので、プロに依頼するのがベストです。 

  • 3

    ホームページ 

    インターネットからビジネスチャンスが生まれることが多い時代。消費者は、欲しい商品やサービスがあれば、まずネット検索します。ホームページがなければ、大きなビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。企業イメージや認知度の向上、集客など、現代ビジネスにおいて不可欠であるホームページ。分かりやすさ・デザイン性が問われますので、費用だけでなくクオリティも考慮して検討しましょう。 

  • 4

    会社案内  

    会社案内は、会社を紹介するための顔となってくれるものです。会社案内があることで、どのような会社なのか、どんなビジネスを行っているのかなど、分かりやすく知ってもらうことができます。そして、制作物として会社案内があるという事実が信頼にもつながります。そのため、ご自身でパワーポイントなどを使って作成したものよりも、デザイン会社に構成から印刷まで一括して依頼するのが望ましいでしょう。 

品質の高いデザインで、信頼感を得る 

起業してすぐの時期は、この会社に任せて大丈夫かな? と、少なからずお客様は不安になっているはずです。その時に、きちんとした名刺や、事業内容が分かりやすく書かれた本格的な会社案内、デザイン性と機能性に優れたホームページの存在が、信頼を得るうえで強力なツールになってくれるでしょう。開業する際にデザイン制作物にこだわることが、後々の成功につながるのではないでしょうか。

創業・起業時に必要な 6つのツールを まとめて制作!

創業・起業ツール制作パック ¥450,000(税別)